メール相談 来院予約

副院長 永井 宏治

プロフィール

“顔面輪郭形成術(顔面骨骨切り術)” “鼻形成術(鼻中隔延長術、鼻尖形成術、鼻骨骨切り術 など)” “眼形成術” “フェイスリフト” をはじめとする顔面の美容外科手術・形成外科手術を専門とし、
初回手術から難易度の高い修正手術まで全般的に対応するエキスパートである。

2007年 大阪大学医学部卒業。神戸大学医学部附属病院、昭和大学医学部附属病院にて形成外科を専攻し、数々の基幹病院、美容外科クリニックにて形成外科、美容外科を研鑽する。その傍ら、顔面輪郭形成術、鼻形成術、眼形成術、フェイスリフトを含めた美容外科手術に必要な顎顔面領域における臨床解剖の研究に従事し、医学博士を取得する。

2016年よりリッツ美容外科東京院に入職。
2019年よりリッツ美容外科東京院、副院長。

医学論文発表・学会発表は多岐にわたり、高く評価されている。
国際医学ジャーナル『Aesthetic Plastic Surgery』では顎顔面領域の美容外科手術に関する医学論文を発表している。
日本形成外科学会、日本美容外科学会の認定専門医であり、アメリカ形成外科学会など国内外多数の学会で活動し、積極的に外科技術の研鑽を続けている。

ドクターブログへ

 

【経歴】

2007年 大阪大学医学部卒業
関連病院にて臨床研修
2009年 昭和大学医学部附属病院形成外科
2010年 先端医療振興財団先端医療センター
神戸大学医学部附属病院形成外科・美容外科
2011年 六甲アイランド甲南病院形成・美容外科
2015年 川崎病院形成外科科長
2016年 顎顔面領域における臨床解剖の研究にて医学博士取得
リッツ美容外科東京院入職
2019年 リッツ美容外科東京院副院長

【資格・所属学会】

・医学博士
・日本形成外科学会 認定専門医
・日本美容外科学会(JSAPS) 認定専門医
・アメリカ形成外科学会(American Society of Plastic Surgeons) International member
・日本頭蓋顎顔面外科学会 正会員
・日本顎変形症学会 正会員
・日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 正会員

【主な実績<学会活動>】
・2021年 第109回日本美容外科学会 シンポジウム
「鼻中隔延長術における延長法 ―鼻尖と鼻柱の左右対称性を保つ術式―」
・2021年 第64回日本形成外科学会総会
「鼻孔縁変形に対する修正手術 ―鼻孔縁形成術―」
・2019年 第42回日本美容外科学会総会
「下眼瞼下制術と下眼瞼ハムラ法を同時に行う術式」
・2018年 第41回日本美容外科学会総会
「二重切開術後に生じた睫毛縁が皮膚で被覆される状態に対する修正手術 ─睫毛縁切開を用いた術式の検討─」
・2018年 第61回日本形成外科学会総会
「鼻尖形成術後に生じたピンチノーズ変形に対する修正手術」
・2016年 第39回日本美容外科学会総会 パネルディスカッション
「目頭切開術後修正術 ─結膜弁併用による後戻り防止策の検討─」
・2015年 第58回日本形成外科学会総会
「頭蓋骨外板を使用した眼窩骨折手術症例の検討」
・2013年 第56回日本形成外科学会総会
「当科における前頭骨骨折症例の検討」

【主な実績<医学論文>】

・2021年
永井宏治: 鼻孔縁変形に対する修正手術としての鼻孔縁形成術 ―問題点と解決策―. PEPARS (in press), 2021.
・2021年
永井宏治: 瞼裂高増大術 ―眼瞼下垂手術・下眼瞼下制術―. PEPARS, 171: 126-136, 2021.
・2012年
Nagai K: Anatomical evaluation of facial nerve pathways and dissection of “premasseter space” for rhytidectomy in Asians. Aesthetic Plast Surg, 36: 534-539, 2012.


ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

0120-628-662 携帯電話・PHSからでも通話無料 年中無休・受付時間 9:30~19:00

ページの先頭へ戻る

プロフィール

“顔面輪郭形成術(顔面骨骨切り術)” “鼻形成術(鼻中隔延長術、鼻尖形成術、鼻骨骨切り術 など)” “眼形成術” “フェイスリフト” をはじめとする顔面の美容外科手術・形成外科手術を専門とし、
初回手術から難易度の高い修正手術まで全般的に対応するエキスパートである。

2007年 大阪大学医学部卒業。神戸大学医学部附属病院、昭和大学医学部附属病院にて形成外科を専攻し、数々の基幹病院、美容外科クリニックにて形成外科、美容外科を研鑽する。その傍ら、顔面輪郭形成術、鼻形成術、眼形成術、フェイスリフトを含めた美容外科手術に必要な顎顔面領域における臨床解剖の研究に従事し、医学博士を取得する。

2016年よりリッツ美容外科東京院に入職。
2019年よりリッツ美容外科東京院、副院長。

医学論文発表・学会発表は多岐にわたり、高く評価されている。
国際医学ジャーナル『Aesthetic Plastic Surgery』では顎顔面領域の美容外科手術に関する医学論文を発表している。
日本形成外科学会、日本美容外科学会の認定専門医であり、アメリカ形成外科学会など国内外多数の学会で活動し、積極的に外科技術の研鑽を続けている。

ドクターブログへ

 

【経歴】

2007年 大阪大学医学部卒業
関連病院にて臨床研修
2009年 昭和大学医学部附属病院形成外科
2010年 先端医療振興財団先端医療センター
神戸大学医学部附属病院形成外科・美容外科
2011年 六甲アイランド甲南病院形成・美容外科
2015年 川崎病院形成外科科長
2016年 顎顔面領域における臨床解剖の研究にて医学博士取得
リッツ美容外科東京院入職
2019年 リッツ美容外科東京院副院長

【資格・所属学会】

・医学博士
・日本形成外科学会 認定専門医
・日本美容外科学会(JSAPS) 認定専門医
・アメリカ形成外科学会(American Society of Plastic Surgeons) International member
・日本頭蓋顎顔面外科学会 正会員
・日本顎変形症学会 正会員
・日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 正会員

【主な実績<学会活動>】
・2021年 第109回日本美容外科学会 シンポジウム
「鼻中隔延長術における延長法 ―鼻尖と鼻柱の左右対称性を保つ術式―」
・2021年 第64回日本形成外科学会総会
「鼻孔縁変形に対する修正手術 ―鼻孔縁形成術―」
・2019年 第42回日本美容外科学会総会
「下眼瞼下制術と下眼瞼ハムラ法を同時に行う術式」
・2018年 第41回日本美容外科学会総会
「二重切開術後に生じた睫毛縁が皮膚で被覆される状態に対する修正手術 ─睫毛縁切開を用いた術式の検討─」
・2018年 第61回日本形成外科学会総会
「鼻尖形成術後に生じたピンチノーズ変形に対する修正手術」
・2016年 第39回日本美容外科学会総会 パネルディスカッション
「目頭切開術後修正術 ─結膜弁併用による後戻り防止策の検討─」
・2015年 第58回日本形成外科学会総会
「頭蓋骨外板を使用した眼窩骨折手術症例の検討」
・2013年 第56回日本形成外科学会総会
「当科における前頭骨骨折症例の検討」

【主な実績<医学論文>】

・2021年
永井宏治: 鼻孔縁変形に対する修正手術としての鼻孔縁形成術 ―問題点と解決策―. PEPARS (in press), 2021.
・2021年
永井宏治: 瞼裂高増大術 ―眼瞼下垂手術・下眼瞼下制術―. PEPARS, 171: 126-136, 2021.
・2012年
Nagai K: Anatomical evaluation of facial nerve pathways and dissection of “premasseter space” for rhytidectomy in Asians. Aesthetic Plast Surg, 36: 534-539, 2012.


Call: 0120-628-662
来院予約フォーム